写真と音と私たち
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ポスト・パフォーマンス・トーク5
 

―このまま死ぬまで大網で暮らしていくんですね。



S:はい。(笑)



N:どんな風になっているだろうね。



S:どんなかなぁ...。



N:今、ちっちゃい子たちが大きくなってるよね。



S:はい。(客席をさして)あそこのおなかの中にも1人います。笑

高校にいくと出て行っちゃうから、あと15年です。



N:一番近い高校はどれぐらい?



S:小学生もバスで一時間ぐらいかけて通っていて、高校はもっと。
でも、どこにいても一時間半とか二時間は遠くから通ってる人もいると思うし、、、
ただ、選択肢は限られてると思う。
どうなっているのかな、、、



N:そこでずっと暮らしてみたいな、と思ってらっしゃるんですよね?
それは最初から?



S:いや。
去年ぐらいからです。

私がここにいったきっかけになったOBSという団体があって
そこのスタッフの人たちが私の集落に何人が住んでいるんですけれど
やっぱりみんなそれぞれ、「一生ここ」っていう風な感じではないんですね。
いずれ出て行くかもしれないっていう状況の中で住んでいて、
私たちもそういう風に思っていました。

でも去年、スライドに出ていたあの二人が来てくれて、相当心強いです。
彼らはもう、最初からここで暮らしていくつもりで来たので。



N:移住していらっしゃった方がた。



S:昔、住んでいたことがあって、いろんなことで外にいたけれど、
その時におばちゃんたちにお世話になって、
自分達が最後にどこで暮らしたいか、考えたときに
あのおばちゃんたちに恩返しがしていきたいっていう事で
ずっと家が空くのを待っていた。
それで去年の春に家が空いて、大網に来て、
この2人がいれば、私たちも大丈夫。
ていう風にすごく思えて、家も買っちゃいました。(笑)








N:おいくらでしたっけ?



S:20です。



N:20万円。
解体するのと同じ値段だっけ?



S:解体するのはもっとお金がかかるので
中の荷物を処分するのにかかる金額と同じです。
譲ってもらったような感じですね。



N:でかすぎるという噂ですけど?



S:でかすぎます。(笑)



N:どのぐらいでかいの?



S:どれぐらいだろう。
昔の庄屋さんのおうちで、築150年ぐらいなんですけれども。
30人ぐらいの人が余裕で泊まれるぐらい大きさですね。



N:そこに2人で暮らしてらっしゃるんだ。
村の人に会うと「こどもはまだか」っていう話が多いでしょ。多分。



S:はい(笑)



N:それもこれからか、、、。



S:それも楽しみです。



N:今年はもうちょっと写真をやろう、て事か。
それは外に出かけずに、て事なのかな。



S:いえ、写真の学校が東京なので
2週間に1回は東京にきています。



N:なるほどね。
じゃあ週末の結婚式とかそういう仕事はちょっと減らしてるって事なのかな。



S:そうですね。
結婚式も、最初は式場と契約をして、全然知らない人の結婚式を撮っていたんですけれど、
今は知ってる人、というかその2人に私が思いがあったりするような、
関係性のある人だけ撮らせてもらっています。



N:なるほどね。

これからも随所随所で写真とか、そういう時間を共にさせてください。
皆さん、どうもありがとうございました。





















- comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>